記事一覧

口から出したその瞬間




最近ね
ことばに発した瞬間形になっていくんだなって
すごく思うの。


5月で今行っているカレッジを卒業します。
ということは、
ぼちぼち次のステップへの
準備をしていかないといけない。
この学校は二年制なので
卒業といっても
ただのスタートラインでしかないのです。
それはずっと分かっていたけど
ずっと目をそらして
今目の前にある課題で精一杯です
みたいな生活をしてきました。



先週、来学期つまり最後の学期の
クラスを登録してきました。
残すクラスもあと4つ。
そう分かった瞬間に焦り。笑



私本当に卒業するんだ、、、笑。
今学期も残すところあと2週間ちょいってところ。
今学期は今までにないはやさで過ぎていきました。



それでね、
最初は一人で頭の中でぐるぐる考えていた。
何がしたいの、何でここに来たの、もしも、、、、



もうね、パンク!!笑
考えれば考えるほど吐き気がして!



ひとりじゃ全然だめだ、と思って
まずママに話してみた。
何がしたいのかわからない、と。笑
そしたらいろんな質問をしてきて
1時間ぐらい話していた。
日本に帰るとしたら、
アメリカに残るとしたら、
どうして?じゃあもしこうだったら?



慌てて決めたり、適当に決めても
途中できっと苦しくなってしまうからね。
周りからこう見られるとか、
こう言われたからとか、
そういうのは今は一旦置いておいて
自分に素直になりなね。



そう言われました。
どこに行こうと応援しているから。
ひとりになることはないから。
とハグしてくれて、なぜかママが泣き出し
私も号泣。笑
実際来る前は
こんな関係になれると思っていなかったから
なんか嬉しかったです。



アメリカやカナダの大学へ編入予定の周りの子たちに
話を聞いてみたり、日本の大学生に聞いてみたり。
スノーを卒業して今はインターン中の子に聞いてみたり。



こっちにいる仲のいい日本の子に日本語で全部
今までのこととか
今思ってることとか
この先何がしたいのかぶぁー!って話してみた。
そしたらその子聞きながら
ブレインストームを紙にしてくれて
あなたの未来はあなたが思ているより大丈夫!
自信を持ちなさい!
だって笑。なんか笑えた。笑



確かに今までちゃんとはっきり自分の口から
自分の将来のことを話したことがなかったかなって。
特に趣味もないし、
子供好きだけどそれだけだし、
英語話せるけど私より話せる人の方がよっぽどいるし、
で結局、「ん~わからないわ」 って言い続けてきた気が。笑



でも自分の口から発した瞬間形になっていく。
いろんなひとと話しているうちに
見えてきた。
今ある思いを実行してみればいいじゃんって。



その後いろいろリサーチ。
最初は自分でいろいろ調べていたけど
段々必要のない心配がつのってきて
またどうせパンクするだろうと思い
インターナショナルオフィスに相談へ。笑
いろんなアドバイスをもらえて
いろんなコネクションを持っている
カウンセラーを紹介してくれて
少しづつだけど次の準備が始まりました。



何も動いてなかったときの
ああこの先どうしよう、の不安は
意外と行動してみると
どうにかなるようなものだった。笑
(私これ毎人生の節目言ってるよね)



高校卒業してアメリカの学校に行くって決めた時、
自分で学校調べて、
当たり前だけど資料全部英語で焦って、
なんか周りの友達は大学生活楽しそうだし、
そんな私はビザって自分で取るんだよね
っていうレベルで、
毎日生きた心地がしないような思いで
入学手続したことを思い出しました。
今思えばあれはただの度胸試しだよ。笑
あんな単純なことにひーひー言っていた自分が恥ずかしい、、
って今だから言えるんだけど。



最後だからって来学期は気を抜かず、
とにかく今はSnow College卒業に向かって!
(その前に期末か、、、)



そうそう
今バイオロジーでは
子供ができて産まれる過程を勉強してるんだけど
前回の授業に先生人間の胎盤持ってきた。
斬新。笑
初めてみた本物の胎盤に
すごいな人間って思いました。笑



Anyway,
私はみんなに感謝しています。
周りの人の支えなしではやっていけないです
ってこの事だなっていう日々!
本当にありがとうございます。



では、またね。
ユタは絶賛乾燥中。



Comments

Post a comment

Private comment